デジカメ3900万画素登場

デジタル一眼レフカメラ「ハッセルブラッドH3D II-39MS」は、10月に発売された「H3D II-39」にマルチショット機能を加えた製品で、マルチショット機能は、複数回のショットでR・G・Bごとの1枚画像を得てからカラー画像を合成するためモアレが発生せず、解像感も有利とされています。

ハッセルブラッドH3D II-39MSは、ハッセルブラッドのマルチショット対応デジタルバッグ「FC-39MS」の技術を活かした製品で、R・G・B・Gの4ショットが行へ、シングルショットも行なえます。 そのほか仕様はH3D II-39と同等で、センサーユニット、カメラボディ、交換式ビューファインダーなどからなるデジタル中判カメラで、撮像素子は36.7×49mmのCCDを搭載し画素数はなんと3,900万画素です。デジタル専用レンズ「HCD」シリーズ、またはデジタル対応レンズ「HC」シリーズなどを装着して撮影します。 センサーユニットにCFスロットや3型液晶モニターを搭載。本体サイズは153×213×131mm(幅×奥行き×高さ)、重量は2,290g(HC80mmレンズ、バッテリー、CFカード装着時)。08年2月から発売されます。価格は682万5,000円ですぞ。